眼科についての情報サイト

眼科とは

眼科とは、眼瞼(がんけん=まぶたのこと)、結膜(眼球の表面を覆っている無色透明の粘膜)、角膜(眼球の前面を覆う透明な膜)、水晶体(カメラのレンズの役割をしているもの)、眼底(眼球の一番奥の部分)、眼窩(がんか=頭蓋骨の顔面側の目が入る二つの穴のこと)など、目に関する病気の診察・治療を行う診療科です。

 

具体的には、視力が落ちた、視野が狭くなった、目が疲れる・乾く・充血する、痛みや異物感がある、まぶたが腫れるなどの症状がある場合に診察してもらい、視力・視野検査、顕微鏡・眼底鏡検査、血液検査、CTスキャンなどによって診断が下されます。

 

眼科で扱う主な疾患には、白内障、緑内障、ドライアイ、網膜はく離、糖尿病網膜症、アレルギー性結膜炎、黄斑変性症などがあります。 

 

また、一般的な眼科疾患のほか、眼鏡、コンタクトレンズなどの対応もしています。コンタクトレンズ障害には次のようなものがあります。

 

・点状表層角膜症(コンタクトレンズ障害の中で、最も頻度の高いものです。角膜は上皮、実質、内皮からなっています。その角膜の上皮層に小さな傷が付いている状態)
・角膜浸潤・角膜潰瘍(最近、注目されている重症のコンタクトレンズ障害です。

 

まったく自覚症状が現れないまま、角膜の内側を構成する細胞(角膜内皮細胞)が少しずつ脱落減少していきます) 他に、巨大乳頭結膜炎、角膜血管新生、角膜上皮びらん、角膜浮腫などです。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

開業前に知っておきたい眼の病気@網膜はく離

網膜の膜の構造は二重になっており、硝子体の側にある神経層と、脳の側にある色素上皮細胞層が組み合わされています。この神経層が色素上皮細胞層と離れてしまって硝子体の中に入り込んでしまうものが網膜剥離です。 網膜剥離が起こると、その部分の視細胞は色素上皮細胞から栄養をうけることができなくなり、機能が著しく低下します。視細胞そのものにはもとに戻る再生力があるので、網膜が元どおりの状態に回復すれば機能が戻ります。

 

突発性に起こる場合と、外傷やぶどう膜炎、妊娠中毒症、糖尿病などの病気に引き続いて起こる場合とがあります。突発性の場合は、禁止のことが多いとされています。突発性のものはできるだけ早く手術しなければなりません。特に急に視力が低下したときは、急いで受診しなければならない危険な病気です。

 

初期症状の一つは、飛蚊症の一種でもあり、目の前に虫やごみに見えるものがちらつくように感じます。閃光とかちらちらする光など、実際には存在しない光が視界に走るようにもなることもあります。内部的にみると、これらは網膜に穴が開いてきた時期に相当します。さらに病気が進んで網膜の剥離が始まると、剥がれた分だけ視界に膜かカーテンがかかったようになり、視野の一部が見えない状態になってしまいます。 視力の低下も起こってきて、放置すると失明にいたります。

開業前に知っておきたい眼の病気A結膜炎

目の表面の粘膜には、目に入ってきた異物や病原体が目の中に侵入するのを防ぐはたらきがあります。結膜炎になると白目が充血して赤くなり、「めやに」がでたり、涙がでたりします。まぶたがはれることもあります。黒目(角膜)や茶目(虹彩)の炎症では黒目のまわりから赤くなりますが、結膜炎では、まず目もとや目じりに近い白目が充血します。

 

結膜炎は結膜におきた炎症のことで、その原因には細菌、ウイルス、クラミジアなどの病原体や、花粉やハウスダストによるアレルギーがあげられます。見ただけでは結膜炎の原因まではわからないのが普通ですが、原因によっては充血の程度とか「めやに」の色や状態に特徴がみられることがあります。細菌性結膜炎では黄色い粘り気のある「めやに」がでることが多く、アレルギーでは白っぽい糸をひくような「めやに」がでます。

 

ウイルス性結膜炎の中でも、人にうつりやすいものを「はやり目」とよび、これには、流行性角結膜炎、咽頭結膜熱、急性出血性結膜炎の3つがあります。流行性角結膜炎と咽頭結膜熱の原因はアデノウイルスで、急性出血性結膜炎の原因はエンテロウイルスかコクサッキーウイルスです。ウイルスによる結膜炎には「はやり目」の他に、単純ヘルペスウイルスや帯状ヘルペスウイルスによるものもあります。しかしこれらのウイルスは人にうつることはまれで、はやることもありません。

探しなら